ひめちゃんlife

ひめちゃん(雄猫)の日々の日記です。

出会いと名前の由来

私とひめちゃんが出会ったのは10年前。

当時お付き合いしていた彼にちょっと前に猫生まれだんだけどいらない?

と言われた所から始まりました。

私は実際見てみたいと彼の実家に行くと、家には5、6匹の猫がいて、外と家を自由に出入りしてるという飼い方でした。

病気っぽい猫ちゃんもいて、その中にいた唯一の子猫のひめちゃんも目は大量の赤茶色の涙でグズグズ、緑の鼻水、くしゃみ、毛はボサボサという状態でした。

彼や家族はお金かかるから病院には連れてかないというスタンスです。

私には理解不能ですが( ̄^ ̄)

ひめちゃんが生まれた時、もう2匹生まれたそうですが間もなく亡くなってしまったそうです。

私はこの子はここにいたらいずれ死んでしまう。と思いお家に迎えました。


これがひめちゃんとの出会いです🍀


彼とは動物への気持ちも合わず、他も合わず当然お別れとなりました。

なぜ付き合った(笑)?という感じですが、それは

🐈ひめちゃんに出会うため🐈

だったと今でも思っています(*^^*)💕


病院へ行き、体も洗った当時のひめちゃんです


名前は連れてくる前に彼の家で体を見た結果女の子だと思い、これからはお姫さまのように幸せな暮らしをして欲しいと“ひめちゃん”と名付けました。

しかし病院へ連れてくと「この子は男の子です」


えぇーーーーーΣ(-∀-;)!!!

よりによってひめちゃんと超女の子の名前だし(笑)


もうひめちゃんひめちゃん💕と何度も呼んでるし、変えるのもなんだし、結果ひめちゃんになりました✨


ひめちゃん来てくれてありがとう♥️

先代ワンコ

ひめちゃんを飼う前同く真っ白なマルチーズを飼ってました。

名前はクッキー。

写真の日付は1996年。21年前。

片手の手のひらに乗るくらい小さな頃から飼いはじめ18歳で天国へ旅立ちました。


とっても可愛く美人さん✨

天国で走り回って遊んでるかな(*´ー`*)


ひめちゃんのことも見守ってくれてるといいなぁ💕

ひめちゃんはお医者さん

本当はもう少し前にブログを始めようと思ってたのですが、重度の副鼻腔炎にかかって1日ベッドの上の生活を1週間してました。


副鼻腔炎をちょっと鼻水が多くて炎症おこすぐらいに考えていたのですが…甘かったΣ(-∀-;)


全身の関節が痛い、39度台の高熱、鼻、目の奥、頬骨、歯、頭がとっても痛い…

まさかこんな症状が出るとは(T△T)


そんなときひめちゃんはずっと側に居てくれました。

私が家にいるときは朝や昼間、庭で散歩をするので🐈にゃ~にゃ~にゃ~にゃ~🐈外~!お散歩~連れて~!ってと鳴いたり、夕方にはご飯食べたいにゃ~~~~~~🐈🍗!!!!!

となるのですが…


体調の悪さMAXの時にはずっと大人しく側に居てくれて、看病してくれたのです。

主に癒しを得意とする敏腕ドクターです。



ちょっと回復した今はにゃ~にゃ~言ってます(;´∀`)

近すぎて寝返り打てず首が痛くなったのは内緒にしとこう(笑)


動物はすごい♥️

ひめちゃんすごい(笑)♥️